tomiさんの日々の暮らし

<   2009年 06月 ( 34 )   > この月の画像一覧

おまけにもう一つ

国際自動車 タクシーの事業許可取り消しへ 920台走れぬ可能性
2009.6.30 12:53

 大手タクシー会社「国際自動車」(東京都港区)が運転手に超過勤務を強いるなどの道路運送法上の違反があったとして、関東運輸局が一般乗用旅客事業許可を取り消す可能性があることが30日、分かった。
事業許可が取り消されれば、同社は最低2年間、所有する約920台のタクシーやハイヤーを稼働させられなくなるという。
 関東運輸局によると、2月に国際自動車に監査に入った際、業務日誌から乗務員の超過勤務が判明するなど、複数の道路運送法上の違反が明らかになったという。
 道路運送法では、3年以内の違反点数が80点を超えると事業許可が取り消される。国際自動車はすでに47点の累積違反があり、関東運輸局は「今回の違反事実が確認されれば、80点を超えることは確実。事業許可が取り消される可能性が高い」としている。
 関東運輸局では7月16日に、国際自動車側の反論などを尋ねる聴聞を開くという。聴聞の場で国際自動車側が違反を認めたり、事実関係を否定できる証拠を提出しなげれば数カ月程度で事業許可が取り消されるという。
 国際自動車は「指摘を受けた点はすでに改善しているなど取り消されないように聴聞に備えている」としている。


大手4社は、みんな同じです。
まず第1号ですかね。
[PR]
by tt-tomi15 | 2009-06-30 21:11 | WORK

ハインリッヒの法則

ミクシィに載っていた記事を載せます。


問われるコーチング力:
「わが社では心の病を抱えている人が多い」という話を耳にすることが増えた。2008年度にうつ病などの心の病で269人が労災認定されたことが厚生労働省のまとめで分かった。

 これは過去最悪の数字である。このうち未遂を含む自殺の認定は66人で、前年度より15人減ったものの、過去2番目に多かった。

 集計によると、精神疾患による労災申請は927人で、認定された269人を年代別に見ると、30代が28%、20代と40代がともに26%だった。自殺で認定された66人のうち、62名が男性で、年代別では50代が24人、40代が15人、30代が11人と続いた。さまざまな世代で心の病を抱えていることが分かる。

●300人の予備軍

 この数字は氷山の一角でしかないと考えている。「ハインリッヒの法則」をご存じだろうか。この法則は、米国の損害保険会社に勤務していたハーバート・ウィリアム・ハインリッヒ氏が労働災害の事例統計を分析した結果から導き出した法則であり、「1件の重大災害(死亡や重症)が発生した場合、その背景には29件の軽症事故とともに、300件のヒヤリ・ハット(危うく大惨事になるもの)がある」というものである。

 この法則に従えば、自殺者や心の病を抱えている人が1人いる場合、自殺あるいは心の病を抱えている可能性の高い人が29人いて、精神を揺さぶられている予備軍が300人いるということになる。つまり厚生省が発表した300倍以上の人が何かしらの心の病を抱えていると考えられるのである。

 なぜこのような心の病を抱える人が増えているのだろうか。不況の影響もあるが、負の連鎖が起きているのではないかと思う。

●恐ろしい負の連鎖

 最近、ある銀行の50代半ばの副支店長が、30代の女性社員に対してセクハラをしたという話を聞いた。その原因を調べてみると、いろいろなことが浮き彫りになった。彼は銀行の合併によって副支店長になったのだが、彼の上司にあたる支店長は30代の若手だった。彼はその支店長から「使えない奴」というレッテルを貼られ、リストラに近い扱いを受けていたのだ。「あなたはこの会社にはいらない。教育係にでもなったらどうですか」というようなことを言われ、それがセクハラにつながってしまったという。

 セクハラは決して許されることではない。しかし、上司の心ない発言(この場合、年下から言われたことがさらなる打撃を与えたかもしれない)が、彼を精神的に追い込み、大きな過ちをさせてしまったともいえよう。

 負の連鎖は恐ろしい。1つの出来事をきっかけに、どんどん悪い方へ転がっていく。それがほかの人たちにも大きな影響を及ぼしていく。特にリーダーは自分の言動や行動が周囲に与える影響を考慮すべきである。

●部下の存在を認めているのか

 コーチングには「承認」というスキルがある。言葉の通り、人を受け入れ、認めることである。承認は大きく2つに分かれる。

(1)行動に対する承認

(2)存在に対する承認

 行動に対する承認とは、部下が何か成果を出したり、うまく物事を進めたりしたときに、「いい仕事ができたね」、「売り上げを30%も伸ばしたね」などと具体的に褒めることである。成果を褒められることで、仕事への意欲を一層高めることができる。これに対して、存在に対する承認とは、ただ相手のあるがままを認めることである。これによって、相手は自分の存在が認められたと感じ、働きがいを感じられるようになるのだ。

 実は、この存在に対する承認がビジネスの現場で軽視され続けているのではないかという印象を持っている。成果主義の弊害の1つといえるが、短期の数字を求められるようになり、上司は大きなプレッシャーを感じながら仕事をしていて、自分のことしか考えられなくなる。部下に対してもそっけなく対応し、コミュニケーションをとろうとしない。そのような職場では、部下は働きがいや仕事に対するやる気を奪われてしまう。この大切さをリーダーは改めて認識してほしい。

●リーダーとしての自覚を持った行動

 具体的には以下のような行動を実践してもらいたい。

毎朝、自分が出社したり社員が出社してきた際に必ず「おはよう」と言う。

何かしてもらったら「ありがとう」と言う。

社員を「○○君」と必ず名前で呼ぶ。

目を見て話をする。

暗い顔をしている人がいたら、「何かあったのかな?」と声を掛ける。

必要ならば叱る。しかし、その後に原因を話し合い、解決策を見つける。

相手が話をしたら、まずは聞いてあげる。

退社するときにも必ず挨拶する。

 これはほんの一部だが、実践するだけで職場の雰囲気は大きく変わるし、部下は大きな働きがいを感じられるようになるだろう。ごく当たり前のように感じるだろうか。しかし、これができないリーダーは思いのほか多い。

 先日ある企業の経営幹部の方に対してコーチング研修する機会があった。週末にわざわざ出社してまでということでやる気がなかったのか、わたしが「おはようございます」と声を掛けても、目を見ずに小さな声でぼそっと「おはようございます」と言う人はいい方で、ほとんどの参加者は無反応だった。研修が始まってからも眠そうな顔をしている。

 正直少し腹が立ち、次のように言った。

「あなたたちの今の姿を見て、職場がどのような状況か手に取るように分かります。朝からリーダーが挨拶すらしなかったらどうなりますか? 皆さんが職場にいる社員のやる気を奪っているのです。会社は皆さんが立派なリーダーになるために高い研修費を払っているのです。このような状況では会社にも皆さんにもマイナスです。お帰りください」

 リーダーとして当たり前のことを自覚できていない典型だった。その後は全員が集中して研修に取り組んだのだが。

 心の病が大きな問題となる中、リーダーは存在に対する承認の必要性を認識し、ぜひ実践して欲しい。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------

うちの会社の事故担当の副部長が、「ハインリッヒの法則」を口を酸っぱくして言っていました。
事故を起こすとどれだけ会社に社員に迷惑かけるかっということを。

そいつにこの記事を読ませたい。

『お前らが運転手を殺すんだぞ。』

全くリーダーのいない会社でした。
会社の利益、自分達の保身しか考えてませんでした。
僕みたいに逃げることも出来ず、自殺した運転手もいました。
まぁ、神経図太い人しか続けられませんね。

でも、今度は大丈夫でしょうか。
[PR]
by tt-tomi15 | 2009-06-30 20:59 | WORK

PTA

先日は、次男のPTAの集会でした。
明日は、三男のPTAです。

最後の最後にクラス委員になってしまいました。
明日はクラス費をもらいに行きます。
小学校よりは楽だといいますが、どうなんでしょうか
[PR]
by tt-tomi15 | 2009-06-30 01:03 | LIFE

首都高なんですが

昔から9号線から湾岸線が好きでした。

1号横羽線。     首都高メインですよね。昔はもっと海が近かったのに。
2号線。        いつも空いてるし、適度に変化もあって好きです。
3号線。        何かアップダウンがけっこうありますね。
4号線。        いつも使う路線ですが、渋滞がどうもね。
           あまり乗りません。
5号大宮線。      今まで使ったことなかったのですが、やはり渋滞のイメー
           ジがあります。
           荒川越えてからはいい感じです。
6号線。        隅田川から荒川へ。とってもいい感じです。
           アサヒビール吾妻橋ビル。目立ちます。
7号線。        防音壁が少なく、眺め良いですよ。
            下町らしく高いビルもないし。

質問。 8号線はどこにあるんでしょうか。
答。  京橋JCTから白魚橋乗継所を経て、東銀座出口で東京高速道路株式会社線
     に直通する路線である。延長が0.1km(ランプを含め0.5km)

知りませんでした。てっきり8号線を湾岸線と読んでいるもんだと思いました。

9号線。       眺めといい、曲がり具合といい一番好きです。
10号線。       出来たばかりです。
           11号線が渋滞してても銀座方面に行くのに楽になりました。
           勝どきから混むのはしょうがないですね。
11号線。       言わずと知れたレインボーブリッジです。
           いつも渋滞しているので、眺めは最高です。
           あまりに混んでいると、大井を回ったりします。
湾岸線。       これはもう別格でしょう。
           なぜ80km/h制限なのかわかりません。
           完璧高速道路です。

都心環状線。     レースしたくなるのはわかりますが、迷惑ですね。
中央環状線。     山手トンネルは通らずで終わってしまいました。
           荒川沿いの感じはとてもいいんですが、渋滞凄いですよ。

東京タワーがどこから見えるかなんてやっていましたが、もう乗ることもないでしょう。
[PR]
by tt-tomi15 | 2009-06-29 14:56 | CAR & BIKE & train

ひさびさに

15時近くまで爆睡しました。
朝、なんか子ども達が寝ているそばで何かしていましたが、寝ぼけたまま対応。
気が付いたら15時前でした。

なんか寝ぼけたままの1日になりそうです。

晩ご飯何にしようかな?
[PR]
by tt-tomi15 | 2009-06-28 16:04 | LIFE

コンサート行ってきました。

といっても、次男の通信制高校の親の会主催のエンターテイメントゼミ講師のスーパーLIVEでした。

流石にプロの先生なので、短い時間でしたが充実した内容でした。
カホーン奏者が方が賛助出演してて、おもわず歌そっちのけで観察していました。
懇親会でも、いろいろ話を聞くことができました。

通信制高校なので、普通の高校よりも生徒、学校、親がうまくかみ合ってやっているというのを強く感じました。

この高校は、大学も含めて全国展開しはじめています。
これからはこういう学校も必要ですよね。

そういえば、ここでも親父の会始めるみたいです。
主夫としては、親父の会って苦手なんですよ。
お酒飲めないし。
[PR]
by tt-tomi15 | 2009-06-27 21:39 | SOUND & MUSIC & Phot

ド派手でどデカイです

昨日、立川に行った時、いま売り出し中の宗教団体の素晴らしい施設群を見てに思いました。


宗教の真贋を見分ける四つの鍵

①その教団が他者に入信と金を強制しないこと。

②教祖が神や仏の生まれ変わりだとか霊感があるなどと言わないこと。

③教祖と布教者が質素な暮らしをしていること。

④その教団が病気の治癒や現世の幸福を信仰の代償として保証しないこと。

作家:曽野綾子さんの言葉の言葉です。
4つそろって初めて宗教と言えるかなって感じですね。
曽野さんはクリスチャンですけど。


立川以外にも、信濃町とか、飯倉とか、方南町とかにもありますよね。
いま政党ポスター貼ってる本屋で売ってる団体もありますし。

ぽくは目安の一つにしています。
[PR]
by tt-tomi15 | 2009-06-26 18:11 | なんか、チョット変でないかい

あらあら

マイケル・ジャクソン亡くなっちゃいましたね。

さすがに身体に無理かけ過ぎだったと思います。

マドンナ、マイケル・ジャクソン、原辰徳。

同世代の華でした。
好きか嫌いかは別として。

「ベンのテーマ」
いい曲ですよね。

合掌
[PR]
by tt-tomi15 | 2009-06-26 12:02 | SOUND & MUSIC & Phot

今日もいい天気でした。

全く梅雨はどこに行ってしまったんでしょうか。

今日は立川まで用事があったのでチャリで行ってきましたが暑かったです。

明日も暑いんでしょうかねぇ。
[PR]
by tt-tomi15 | 2009-06-25 17:32 | LIFE

蒸し蒸し

雨が止んだら蒸し蒸しになってきました。

制服のズボン見つけました。
これで後腐れなく会社辞められます。

桜にNのマークのハイヤー、タクシーはもう見たくありません。
桑原桑原。

桑原桑原って、四文字熟語だったんですね。

自転車のって半分回ってこようっと。
[PR]
by tt-tomi15 | 2009-06-24 14:42 | LIFE



働く主夫、tomiさんの日々の暮らしからひと言

by 禾本じゃん兵衛
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
お気に入りブログ
ぷろふ & りんく
働く主夫、48歳です。
ホームヘルパーしています。
バイク、クルマ、旅、音楽、オーディオに関する全てのことに興味があります。
家事、育児に関してもOKです。
いろいろお話しましょう。
メール : cajondjembey
@willcom.com


あっカペラ小平会員募集中です。
ご一緒に歌いませんか?

あっカペラ小平と仲間たち
blog.goo.ne.jp/gspl-kodaira
メール : gspl-kodaira
@mail.goo.ne.jp


チャットしませんか?
'ぶろちゃ'はこちらまで

tomiさんの手「癒しの小窓」
気分はゆったり、のんびりtomisans.blog52.
fc2.com


最新のトラックバック
隠し事
from 道草イラストレーション
ようやく男女平等ですか。
from (まめ)たぬきの雑記
いよいよ保釈・・・気にな..
from はまかぜマリンワールドの趣味..
ライフログ
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧